介護療養とは

介護に関する問題が取り沙汰されるようになってから、どのくらいの年月が経ったでしょうか。
私達はだれもが考えなければならないこととして、介護の問題があります。
そして、今現在もその問題と戦っておられる方が大勢います。
実際に介護を経験されたことがある方、しかもその『介護を行う』方になった方は、その大変さに気付いておられることでしょう。
実際に介護に関する問題が起きるようになってから、私達自身は、自分がもしそのような立場になった時、どのように対処するのだろうか、という不安を持ったかもしれません。
自分の親などを介護しなければならなくなったとき、そのことを考えると、とても不安かもしれません。
現代において、介護に関する問題が解決されていないことを見ても、その問題が解決されておらず、これからも議論されていかなければならないことである、ということが分かりますが、私達だれもが行える事としては、まず介護や介護療養という問題に関して関心を持つということです。
そしてそれに関して知るようにし、その問題に関して積極的に関わっていこうという姿勢が大切です。

実際に、介護職に就く方が減少している現代において、そのような意気込みはとても大切で貴重なものと言えますが、これから介護と医療という現場を見たときに、現代はどのような位置づけになっているのでしょうか。
また、新たに発生しうる問題とは、どのような問題なのでしょうか。
考えてみましょう。